MOJOkunの日記

2019年末にヤフーブログが閉鎖になるのでこちらに引っ越しました。

いつかおれに当たるのですかね?

土曜日。

休日。

今日も外出は近所のスーパーのみ。

 

毎日々感染者数が報道されるが、東京都の人口を鑑みるに、500人は微。

でも毎日だから累計だといくらかね。

このままそういう数字が続けば、いつかはおれに当たるのかなーと。

 

ここ最近、ジェフ・ベック関連のYou Tube動画を観まくっています。

ヤードバーズ在籍3大ギタリストのひとりで、いまもなおギタリストであり続けているベックはすごい。

クラプトンは、クリーム以降はガッツリ弾かなくなってしまったし、ペイジはスタジオで重ね録りして弾くひとで、オンステージは手抜きが多いし。

ところで、ジェフ・ベックが弾いてロッド・スチュワートが歌う『PEOPLE GET READY』を初めて聴いたときに、素晴らしいと思い、オリジナルはカーティス・メイフィールドであることまではつきとめたが、そこで止まっていた。

おそらくパソコンが普及する以前だったのでせう。

今日、そのことを思い出し、You Tube検索してみたら、いろんなひとがカバーしていてびっくり。

作者カーティス・メイフィールドの動画も観ることが出来ました。

ベック&ロッドのプロモーションビデオを観ると、無人駅にひとが群れていて、ベックは貨物車両に乗ってテレキャスターを弾いている。

要するに、電車というか汽車というか、それを駅で待つ人々の歌で、オリジナル当時は、時代背景的には公民権運動時と重なり、汽車の行き先がヨルダンと歌われているから、人種差別と旧約聖書も絡んでいるのでせう。

ところで、いまはコロナで黃人も襲われるようですね。

おれは、人種差別はなくならないと思うけれど、音楽においては、既にブラックパワーに世界中が席巻されているよね。

ある意味逆差別的に。

数千年経って、白と黒の立場が逆転している可能性があり、それでも人種差別はなくならない気がします。

民族間の問題だと、数百年単位で変わるとは思いますが。

日本と半島がそうだし。

 

あー、もっといろいろ書きたいことがあったのだが、忘れてしまった。

ここまで。

明日も書きます。

 

下に上で語った『PEOPLE GET READY』を貼ります。

ベックはテレキャスを弾いていますが、ライブ動画はどれもストラトっすな。

 

Jeff Beck, Rod Stewart - People Get Ready (Official Video) - YouTube

 

 

 

親切なやつには気をつけよう。

金曜日。

昨日は疲れていたようで、帰宅してお酒を飲んだらすぐに横になりたくなり、そうしてパソコン椅子に戻ったら22時ごろで、今朝は7時までベッドから出ませんでした。

今日も作業所の仕事はキッチリやりましたが、帰宅して少し飲んだらやはり横になりたくて、そうしました。

 

さて、週末だし、のんびり出来る。

いくら眠ってもいいのだが、十代のころのように、いくらでも眠りたいわけではない。

長時間睡眠は体力を伴う、とか若い頃は「なにそれ?」と思ったが、いまはそうだなー、と。

 

エンゼルス大谷翔平に注目しています。

いまは相対的にレベルが上ってきていて、かつての江夏のように1シーズンに三振を400獲るようなPはでないけれど、メジャーリーグで100マイルのストレートを投げて、打者でもデカいホームランを打つ大谷は、現代野球の夢といえるでせう。

加熱報道を冷静に分析してみてもそうでせう。

マスクも良いしね。

 

白血病から復帰した水泳の池江璃花子は、数日まえのバタフライでは「こんなにはやく勝てるとは思わなかった」と涙ながらにインタビューに応えていましたが、次のレースまえのインタビューでは別人の如く、確信に満ちた眼差しとドスの利いた声で「勝ちにいきます」といい、準決勝で1位通過しましたな。

プールから上がった身体を見るに、まだ他選手比ですげー細いのに、勝ってしまう。

やはりメンタルってやつが大事ってことっすな。

でも、そういう女子とお近づきになると、疲れそうではある。

いまはトップアスリートであっても、ボーイフレンドくらいはいるだろうし、彼氏はどんなヤツなんだろうね。

あー、でも、なべおさみが、なんかイヤっすな。

追い込まれた者が、スピリチュアル系にすがる気持ちは理解するけれど、やかん替え玉受験のあいつかよ。

スピリチュアル系の人が100人いると、99人は詐欺師だし、おれにはなべが例外のひとりとは思えないっす。

まー、逝く間際にカソリックに帰依する者など、珍しくないが、逝く前ならそれもありかな、とは思いますが。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜は吉田拓郎『親切』を聴きたい。

以下に貼ります。

録音状態が良くないライブ音源で、歌詞が聞き取りにくいっす。

歌詞に無頓着なおれだけど、かつて共感できて、いまもそう。

 

【吉田拓郎】ライブ音源「親切」(歌詞) - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

とても眠いからちゃっちゃっと済ませます。

木曜日。

陽気が良くなってきたせいか、作業所はフルハウス状態が続いています。

パーテーションその他で、コロナ以前より少ない人数でそうなります。

 

なくした財布は出てきそうにないので、新しい財布を買いました。

なくしたものは茶色系だったので、黒いものを選びました。

島忠ホームセンターなら何でもあると踏んで行きましたが、財布が置かれているブースはささやかで、たくさんのなかから選ぶ買い物ではありませんでした。

 

夕方に帰宅すると、ポストにカードを止めた銀行から封書が。

再発行手続きの際は、封書の中身を持って行くようです。

身分証明証も必要で、運転免許証もなくした財布の中だったので、いま、おれの身分を証明するものは障害者手帳のみ。

マイナンバーカードは作ってないし。

 

ここ最近、朝早くに起きる。

今朝も4時半だったけれど、窓の外は真っ暗で、朝な感じがまるでしなかった。

起きるというよりも、起きざるを得ないからベッドから出る。

中途覚醒的に目覚めて、軽く伸びをすると、ふくらはぎあたりが攣って、痛くて筋をのばすために立ち上がる。

陽気が良くなり、寒くはないからまだいいけどね。

2度寝はせずに、そのまま灯りを点けてパソコンを立ち上げ、ギターを弾いたり。

だから、いま22時20分で、眠剤も既に服用しているから、とても眠い。

リンゴ・スターがう歌う『GOODNIGHT』を貼って、この項を〆よう。

あの曲のアレンジが好きです。

幼児の頃に映画館で観たディズニーアニメで流れていた音楽があんなだったような気がします。

ピーターパンとか。

ダンボとか。

王様の剣とか。

101匹ワンちゃん~、とか。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

Good Night (Remastered 2009) - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『迷信』『氷の世界』『リンゴ』のことなど。

水曜日。

定休日。

感染者は増え続けているが、たまには息抜きもしないとね。

だから昨日は作業所帰りに行きつけ魚の美味い居酒屋に行ってきた。

カウンター席に座ったが、パーテーション的な対策もしてありました。

20時ラストオーダーだから、2軒目3軒目を想定せず、相方といろんな魚を注文しまくりでした。

カワハギとか中トロとかブリとか、イシガレイとかサヨリとか、メバルとかクジラとかカキとかシラコとか。

満足。

 

さっきまでYou Tube井上陽水『氷の世界』40年後のなんちゃら、というドキュメント動画を観ていた。

えー? 40年後じゃなくて50年後の間違えじゃねーの?

と思いながら観ていましたが、2007年にNHKが制作した番組でした。

『氷の世界』当時のおれは高校1年生。

拓郎派と陽水派に分かれていて、おれは拓郎派でしたな。

拓郎はカラッと乾いていて、陽水からは湿気を感じました。

体質的に湿気が苦手なおれは、拓郎に傾きました。

アルバム『元気です』と『氷の世界』を比べても、前者はざっくりとした手作り感が魅力で、後者は徹底した創り込みで、創り込まない方が良い、とも思いましたな。

それはさておき、アルバムタイトルにもなった『氷の世界』という楽曲は、スティーヴィー・ワンダーの『迷信』を意識したと陽水は語っていました。

そこからの連想を記してみます。

『迷信』はすげー流行って、ギターはジェフ・ベックだと、雑誌の新譜ジャーナルかGATSかで知った。

ベックに弾かせてるいのに、ギターソロがない。

リフはカッコ良いけど、最後まで聴いてもギターソロがない。

あほか。

スティーヴィー・ワンダーという人は、ジェフ・ベックを起用してソロを弾かせないの?

そんなのヘンじゃね?

でも、『迷信』以降も、たて続けに『サンシャイン』とか『デューク』とか、心地よい楽曲をリリースしていたから、すごい人なんだろうなーとは思いました。

まー、いま、彼をすごいと思わない人は稀ですね。

連想は続きます。

ブルース系ロックバンドからポップス路線に変えたフリートウッド・マックというバンドに、スティーヴィー・ニックスという女子が在籍していて、彼女のバレリーナのような姿がジャケットに使われた『噂』というアルバムがバカ売れしたときがありました。

とても可憐で、あれをジャケ買いした男子は多かったと思います。

おれもそのひとりでした。

聴いてみると、他にもうひとり女子メンバーがいて、その女子が創った曲を好きになりましたな。

 

他にもいろいろ思い浮かぶけれど、ここまでにしよう。

明日も書きます。

 

取り急ぎ、『迷信』を貼ります。

いま聴いているけれど、キーはE♭で、ギターは半音下げたチューニングっすね。

ここ数日、拓郎の『リンゴ』を2フィンガーで弾いてみたら、3フィンガーよりしっくりきて、もっとはやく気づくべきであったと。

あれも半音下げたチューニングのEフォームで弾かれていますね。

 

迷信  スティービー・ワンダー - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝に『Midnight Rambler』を聴く。

火曜日。

いま、7時15分。

5時半ごろに目覚めて、6時前に洗濯機を回し、部屋干しにした。

朝食はバナナ1本で、もうちょっと食べたい。

冷えたトマトを齧ろうか。

つい最近まで、トマトは好きな食材ではなかった。

近所のスーパーの入口付近に「本日のお買い得」としてトマトが置かれる頻度が高いので、買って、冷やして食べてみたら美味かった。

最近は見かけるとカゴに入れる。

おれが子供の頃、トマトはもっと酸味が強かったように思う。

食卓には刻まれて砂糖を振りかけたものが置かれた。

ずっとそれが普通の食べ方だと思っていて、長じて居酒屋で冷やしトマトを頼んでみると、スライスされているだけで、口に入れても青臭い気がした。

しかし、いま冷蔵庫で冷えているものはあまり酸っぱくない。

青臭さも感じない。

長い時間をかけて、食べやすくなるように品種改良されてきたのかもしれませんね。

あるいは、おれの味覚の変化だろうか。

 

さて、部屋を出る前にここを更新してシャワーを浴びて髭を剃る。

早朝だが、ローリング・ストーンズ『Midnight Rambler』を貼ってこの項を終わります。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

The Rolling Stones - Midnight Rambler (Official Lyric Video) - YouTube

 

 

いまはまだ人生を語らず。

月曜日。

作業所は週初め。

コロナにもかかわらず、仕事量は持ち直してきて、いまはコロナ以前とほぼ似た物量を業者が持ってくる。

だから夕方まで仕事が途切れない。

 

さて、今日は感染者数が少ない曜日なのに、200人を超えましたな。

池江璃花子は頑張ったが、オリンピックは出来ないでせう。

無観客開催だとしても、4月の時点で入ってくる情報を鑑みるに、7月に選手を派遣出来る国がどれだけあるのかね。

いろんな絡みはあるにせよ、「出来ない」とはやくいわないとアスリートが可哀想。

ところで、招致活動時に、いまは小泉坊やの嫁さんになっている美女が、

お・も・て・な・し

といい、

「落とし物が戻ってくる国です」

的なこともプレゼンしていましたな。

おれが土曜日に落とした財布は、まだ戻っていないのだがな。

それにしても、あの坊やは、美女を娶り子をなし、おとなしくなってしまった気がします。

美女も3日で飽きる、というようなものいいは、都市伝説のようなものなのかね。

まー、美女が美女でいる時間は短いけどな。

 

さて、ギター4本生活は、とても良い。

特に、アコギのマーチンとギブソンを共に持つことになり、30年くらい前に、

「マーチン買ったけど、ギブソンにするべきだったかな」

とかその反対を思うことがない状態。

これは素晴らしい。

実際にそうなると、ギブソンを弾く時間が長くなりましたな。

おれが初めてソリッド(単板)のギターを意識したのは、吉田拓郎のインディーズ時代のライブアルバムを聴いたときで、まー、15の夜、とかでしたな。

「おれも、ついにギブソンを弾くようになったぜ」

拓郎が合板のヤマハから持ち替えてジャラーンと鳴らしたときの深くて温かみがある音が忘れられずに、後年ボーナスでその型番が買えるようになって、買ってみたら全然鳴らなかった経験が、おれのアコギ遍歴の始まりでしたな。

当時、マーチンはギブソンよりずっと高価で、いまは新品で5万円くらいの差だから、ギブソンは頑張ったな。

高価になって、品質も上がったのでせう。

おれのギブソンは2010年のもので、満足できる鳴りです。

マーチンはアコギの基本というか、ギブソンを弾きながら、

「まー、マーチンもあるし」

と持ち替えると、キラキラした音で、拓郎以前に聴いていたアコギの音はこれだったのか、と。

あと、専門的な話になるが、スケール(ナットからサドルまでの長さ)が、マーチン>ギブソンで、マーチンから持ち替えると、フィットするが、反対だと、

「あれ? 弾きにくいぞ?」

となります。

1.5ミリほどの差ですが、短いほうが弦のテンションもゆるいしね。

 

さて、明日は帰宅が遅くなる。

だから、朝、部屋を出る前にここを更新します。

今朝も昨日も、起きて「おもしろい夢を見た」と思い、起きてしばらくはここの更新のネタになるかな、と思っていたが、数時間経つと忘れてしまった。

起きてすぐのメモりが肝要なのだが、あれをするとすげー消耗するので、いまはやらない。

 

ではでは。

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜は吉田拓郎のライブ動画から。

 

吉田拓郎 人生を語らず (歌詞) - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

KINGたちのこと。

日曜日。

休日。

今夜はタイトルを決めてゆっくり書き、動画を貼って投稿しようとしたが、またしても操作ミスで記事が消えてしまった。

 

「B・B・KING」「ALBERT・KING」「FREDDY・KING」についてあれこれ書いて、最後にJeff BeckBlue Wind』のライブ動画をあれこれして貼ろうとしたらテキストが消えてしまった。

 

書き直す気力はないっす。

 

ではでは。

ここまで。

明日も書きます。

 

『 Blue Wind』だけでも貼っておきます。

Jeff Beck - Blue Wind - YouTube