MOJOkunの日記

2019年末にヤフーブログが閉鎖になるのでこちらに引っ越しました。

ずっと気になっている件は「真っ赤なポルシェ」について。

木曜日。

旗日で休日。

午前中に近所のスーパーへ買い出しに出て、それ以外は部屋にこもっていました。

部屋からキッチンやトイレに行くと、気温が高い日であると知れました。

すぐに10月になるというのに、まだ24度設定でエアコンをつけています。

 

どうやら10月のあたまから居酒屋が開くらしいから、行きつけへ行ってみようと考えています。

3軒ある2軒は新宿と町田だから、もう少し様子を見ようかな。

 

さて、書こうと思っていて、いざここを更新する時間になると忘れるネタがいくつかあり、そのうちのひとつを30分前まで憶えていて、いまも忘れていないので書いてみよう。

山口百恵『プレイバック part2』について。

「part1を聴きたいけどあるの?」

などは、もう語り尽くされている気がするので記さない。

この曲を初めて聴いて以来、ずっと気になっている件は「真っ赤なポルシェ」について。

おれはクルマが好きで、運転免許を取得する以前からクルマ関係の雑誌を読んだり、毎年刊行される徳大寺有恒『間違いだっらけの車選び』を愛読していました。

ポルシェが真っ赤?

赤いポルシェなんて見たことねーよ。

と疑問に思い、いまもそう思っています。

真っ赤はフェラーリだろ。

ポルシェならメタリックシルバーだろ。

記号的に使うのであれば。

というふうに。

作詞したのは阿木燿子で、彼女はクルマに疎い人だったのでせうな。

歌詞としての語呂が良さでポルシェを赤くしてしまったのでせう。

いまは、ポルシェ・ボクスター、もあり、あれなら「真っ赤」も有りだけれど、あの曲が発表された当時、ポルシェは「911」しかなく、街でたまに見かける911もプラモデルの911もメタリックシルバーが多かった。

断然。

スーパーカーブームのときも、ポルシェ930ターボ、はメタリックシルバーでした。

なんというか、フェラーリは嗜好品で、ポルシェは当時速度制限がなかったアウトバーンを走る高性能な機械、というイメージでした。

有能な者が速いクルマを走らせ時間を有効に使う。

ポルシェで移動時間を短縮させる。

そういうクルマが「真っ赤」では困るわけです。

 

やれやれ。

今日も更新できました。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

流れで百恵ちゃんのドスの利いた声の動画を探してみます。

あった。

以下に。

久米宏やCMが邪魔だけれど、百恵ちゃん関連は「再生できません」が多いらしく、これなら観れるので。

 


www.youtube.com

 

10年以上まえに映画『キリングフィールド』を何の事前情報もなく観て、『イマジン』がジャストのタイミングで流れ、おれは泣きました。

水曜日。

本来であれば定休日ですが、今週は旗日が多いので作業所に通所しました。

夕方まで切れ目なく仕事はあった。

明日もお休みで、またギター三昧の1日になるのでせう。

 

ワクチン格差をどう捉えたら良いのでせう。

アフリカ諸国接種率は3.5%という記事を読むと、日本を含む国々でブースター接種などせずに、接種率の低い地域にまわしたほうが良くね?

との論調の記事に、そうだよなー、と。

まー、正論、というやつでせう。

でも、国境が在る、ということは、パンデミックになればワクチンの奪い合いになるということでもあります。

ところで、オリンピック開会式で『イマジン』が使われたそうで、あれを流しとけば、どんな案件も何となく収まってしまうだろ。

芸がないし、むしろ反則じゃね?

脊髄反射的にイヤな気がしましたが、10年以上まえに映画『キリングフィールド』を何の事前情報もなく観て、『イマジン』がジャストのタイミングで流れ、おれは泣きました。

不意打ちに遭った気もしましたが、泣いてしまった。

ここでは、いつもマッカートニーを賛美し、レノンなんて大したことない、と記していますが、『イマジン』はこれからも延々とパワーを持ち続けるのせうな。

Imagine there's no countries」

こんな歌詞はレノンだから成り立つことは、すげー解ります。

あの映画を、本多勝一は批判したそうです。

感動するのはカンボジア情勢に無知な者、と。

カンボジア情勢に無知でない者などはほんの僅かだと思うのですが。

地雷が放置されたままで、踏んでしまった人が命を落としたり手足がなくなってしまうことは知っていますが。

思い出したが、本多勝一の『戦場の村』というハードカバーがおれの育った家にありました。

アメリカの兵士が、爆撃か何か知らないが、半身になったベトナムの人の死体を笑顔でかかげている写真が衝撃的でしたな。

読んでいませんが、その写真は憶えています。

おれは中学生で、アルバム『イマジン』もあの頃にリリースされ、おれは新宿のコタニというレコード店で買いました。

コタニは、いまのマルイのあたりで、2Fではギターも売っていました。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜はスティーヴィー・ワンダーによる『イマジン』を。

収まっています。

 


www.youtube.com

 

これからは宇良を角界の演劇部と呼ぶことにします。

火曜日。

昨日が旗日だったから、今日が週初め。

作業所では始業時に業者がブツを持ってきて、納期は今日の夕方、といった。

おれは頑張りました。

数量4000のうちの1000はおれがこなした気がします。

夕方帰宅して、大相撲中継を。

昨日推した遠藤がポロッと負けました。

結びの一番は宇良が粘った。

でも、あの粘り方はプロレス的で、おれは良い感じを受けなかった。

照ノ富士の上手投げで身体が裏返ったのに、レスラーがするブリッジの要領でのこし、呆れたであろう照ノ富士がちょいと小突いて勝負あり。

花道を下がってくる宇良の無念そうな表情もプロレスラーのそれでしたな。

これからは宇良を角界の演劇部と呼ぶことにします。

おれはプロレスを貶していませんぜ。

念の為にいいますが。

 

さて、テレビかネット記事か忘れたが、最近印象に残っているのが、銀座のママさんの、

「出世する男はビニール傘を持ちません」

的なコメント。

おれは幼児のころから落とし物、忘れ物王で、いまでも年間に透明のビニール傘を2~3本失くす。

まー、出世していないから、銀座のママは正しいのかもしれません。

似た案件で、京都の老舗割烹料理店の女将が、

「偉くなるお方はお刺身のつまを残しません」

的なものいいをしたことを憶えています。

おれは反射的に、

「えー? それって、うちのつまは良い大根を使っているし、ネタも新鮮でドリップがつまに滲むようなものではありません」

と間接的に宣伝&自慢してねーか? 

と思ったのだが、実際はどうなんでせうか。

裸一貫の叩き上げ的にのし上がった男が高級料亭のつまを残さない、という絵面はぼんやりと浮かびますが、下手くそな小説のディテールのようでもありますね。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜は赤いドレスの美女が歌う『ポリスドッグブルース』を。

ギターの技術はB+。

歌唱は自分流に過ぎるけれど、ブルースとはそういうふうに広まった音楽だからこれでいいのかもしれません。

 


www.youtube.com

 

相対的に大型になった力士たちが、土俵から落ちて怪我を負うケースが後をたたない。

月曜日。

3連休最終日。

スーパーでアジノモトのザ・チャーハンを買って、それをお酒の〆にしました。

他にも冷凍チャーハンはいろいろあったが、ザ・チャーハンのテレビCMが効いたようです。

小栗旬のあのCMを見なくなって久しいのに。

600グラム入りで、2食分だと思っていたが、半分を炒めて完食しすぐに残りも炒めました。

すげー美味かったわけではないが、冷食であれなら十分っすね。

 

大相撲は照ノ富士が負けた。

大栄翔が巧く取った1番だったが、他の力士のヒントになるかもしれない。

あの膝では土俵際で粘れないようです。

前に出る圧力を封じ、後ろに下がらせるともろいことが知れた。

栃ノ心は、良いときの身体の張りがなく、いまは幕の内の下位にいる。

あの力士も膝にでかいサポーターを巻き、横綱に手が届くところまで行ったが、守勢にまわるとあっさり土俵を割っていましたね。

昨今、膝に問題を抱える力士は多い。

相対的に大型になった力士たちが、土俵から落ちて怪我を負うケースが後をたたない。

「伝統」にこだわるのもいいが、いまの土俵の規格は力士が落ちるところを観客にみせようとして成り立ったはずで、当時の興行主は200キロに迫る者が多くなることは想定していなかったでせう。

中継が始まるころに、むかしの相撲の映像が流れるが、まー、むかしといっても30~50年前だが、運動能力はいまの力士よりずっと高い。

彼らはスピードがあって膝も足首も柔らかい。

押し相撲の力士は少数派で四つ相撲が多かった。

いまは四つ相撲の力士が少なく、でかい押し相撲力士が多い。

全体的に大味。

さて、話が横にそれたが、今日の時点で、星1つで追う力士に遠藤がいて、彼にとって良い場所になるかもしれない。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜は11歳女子の路上パフォーマーを。

エド・シーランの曲を歌っています。

 


www.youtube.com

 

ギブソンだけがキラキラしないので、それで需要があるのでせう。

日曜日。

昨日は台風が温帯低気圧とやらにかわり、前日の天気予報のようには雨が降らなかった。

で、今朝は青空が広がったが洗濯機をまわして部屋干しに。

除湿機は朝から2回「満水」を知らせるピーピー音がしたから、湿度は高かったのだろう。

 

10時過ぎにスーパーに行って食材を買い、部屋に戻って簡単な料理。

シーフードミックスを炒めたり鶏と玉ねぎと舞茸を炊いたり。

最近は見ないけれど、小栗旬という役者がCMキャラだった冷凍チャーハンが美味そうで、買おうと思ったのだが、ハズキルーペなしで買い物に出て、レンジでチン以外でもいけるのか(要するにフライパン)袋のうしろ側に小さな文字で書いてあるようだったが、ぼやけて読めないので買わなかった。

部屋に戻ってから商品名で検索したら、フライパンでも可であると分かったから明日に買うかも。

食レポ的な記事もいくつか読んだが、油感が強く女性には評判がよくないようです。

しかし、油感なしのチャーハンなんてあるのでせうか。

一人住まいになる以前は、キッチンに中華鍋があったから、たまに冷や飯と適当な具材で焼き飯をつくったが、あれはチャーハンだったのかピラフだったのか。

思い出したが、中華味、という顆粒の調味料を使うことが多かった。

ということはチャーハンのつもりだったのでせう。

 

今年は梅雨前に除湿機を買い、部屋の湿度を50%前後に保つことが出来て、アコースティック・ギターの鳴りが良いように感じます。

冬の乾燥した時期には、マーチンクラック、という現象が起きやすいらしい。

いまのD-28でマーチンは4本目ですが、おれは未経験。

表板やサイドバックにひびが入ることがすなわちマーチンクラックですが、ギブソンクラックといういい方は聞いたことがありません。

まー、楽器としての出来はマーチンの方が良く、ギブソン比でより乾いた木材が使われているからでせう。

ギブソンアコースティック・ギターは、マーチン的ではなく、これは重要なポイントです。

おれにはテイラーもヤマハも、マーチンを意識した音に聴こえます。

擬音であらわすと、キラキラしたあの感じ。

ギブソンだけがキラキラしないので、それで需要があるのでせう。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜はギブソンアコースティックによる弾き語りを。

ジャキっと鳴ってます。

 


www.youtube.com

 

小雨のなか楽器店に行ってきました。

土曜日。

3連休初日。

昼過ぎに窓を開けたら雨は小降り。

「よし、楽器屋に行こう。台風で客は少ないだろうし」

で、テレキャスをギグバックに入れて二子玉へ。

客は確かに少なかったが、ちびっ子が何人か。

ネック調整と弦の張替えをしてもらっている最中にアコギを試奏していたら、子供が数人うろちょろしていた。

何かの楽器を教えるプログラムでもあったのでせう。

試奏したのはヤマハのボディが小さめなものとテイラーから独立した人たちが立ち上げたブランドのもの。

ヤマハはマーチンのDシリーズと同サイズのものは音量が豊かだが、今日弾いたものはマーチンでいうとOOO(トリプルオー)サイズで10分弾いて飽きてしまった。

OOOは小さくてもでかい音がします。

今日のヤマハはそうでなかった。

テイラーの職人さんたちが独立して立ち上げたというメーカーのものはボデイのくびれが深くサイドバックマホガニー

店員さんに訊かなかったがトップ板はシダー(杉)かもしれない。

むかし持っていたシダートップのKヤイリと似た音でした。

しっとりした音で鳴ったが低音にもの足りなさを感じました。

30分経ってネック調整され新しい弦が張られたテレキャスをマーシャルのアンプで試すと、弦の選択を誤った気がした。

いつもはアーニーボールかダダリオを張ってもらうのだが、きょうは割高のエリクサーをチョイス。

エリクサーは長持ちするからそうしたのだが、弾いてみるといつもより太いゲージでチョーキングビフアートが効かせにくかった。

まーすぐに慣れるけどね。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

今夜の1曲は『悲しみの恋人達』。

ジェフ・ベックテレキャスを弾いています。

 


www.youtube.com

『孤独の旅路』はダサい邦題に我慢がならなかった思い出。

金曜日。

週末で明日から3連休。

作業所は今日も夕方まで手指を動かす仕事。

昨日は工賃を市役所に申告してからの帰宅だったが、珍しくケースワーカーが窓口に来て年金の扱いについてごにょごにょいいました。

今年度から障害年金から老齢年金に代わり、それとは別に企業年金とかいうものも支給されるようになった。

少額ですが。

企業年金が口座に振り込まれるのは不規則で、おれはその都度申告していたが、役人はその対応が面倒になったようです。

年間の合計を12で割った金額を10月から引きます、といった。

それで全然かまわないが、毎月来る明細書は明細の体をなしていない。

この件も記されないでせうな。

数ヶ月まえにその紙切れを持って「この数字はなに?」と聞きに行ったが、お待ち下さい、となり10分以上待った。

上司に聞いてきたらしい答えは「わかりません」でした。

まー、福祉課ケースワーカーは、役所の中でも激務であると作業所スタッフから聞かされていたし、コロナでいろいろ大変なのだろう。

でも、明細が明細になっていないのはコロナ以前からでしたな。

中央の政治家や、各市町村の保健所も福祉課も、空港検疫なども、今までにない忙しさなのでせう。

おれは基本的に短気な性格で、還暦を過ぎ、ぐずぐずしいている者や案件に、いままでは口にしなかった言葉が出るようになりました。

スーパーの入り口でカートを手にして話し込んでるオバサンたちに「どいてくれ」といい、レジでゆっくり会計しているおじいさんに「はやくしろ」といったり。

黙っていたのは「器が小さい」と思われたくなかったからで、いまはそう思われても「当たってる」と思うし、それを隠すのも疲れるしね。

ケースワーカーにも文句を垂れたが、何をいったかは忘れている。

 

さて、テレキャスターの1弦が切れた。

スペアは持っているが、ネック調整を兼ねてこの連休中に楽器店に行って新しい弦を張ってもらおう。

コロナ以降、楽器店には開店してすぐに行き、密を避けてきました。

去年の末にギブソンの新型G-45が安い価格だったので、試奏して良ければ買う感じでいたら、正社員かバイトか知らないが、おにいさんがソーシャルディスタンスを無視した距離で、とてもお買い得な1本です!、と。

買ったけど、1週間でハイ起き(ボディとネックジョイントの不具合)になり、交換した個体も同じ現象でリペアに。

3月に「まだ?」と訊くと「あと2ヶ月」との返事に我慢がならず「返金しろ!」と迫りそうなり、別の店でJ-45の中古を買った。

GとJでは木材がちがう。

Gはサイドバックウォールナットで、Jはマホガニー

マホガニーワシントン条約に触れる日が近いので、ギブソンはギターの材としては珍しいウォールナット仕様を低価格で発売したのだろうが、2本持ち帰ってともにハイ起きしてしまうのは、個体差ではなく型番そのものに問題があると思う。

 

眠い。

 

ここまで。

明日も書きます。

 

リアルタイムで聴かなかったビッグアーチストはニール・ヤングもそうでした。

今夜はニール・ヤングの動画をさがします。

あった。

『孤独の旅路』はダサい邦題に我慢がならなかった思い出。

この曲も『ハーヴェスト』というアルバムも大ヒットしましたが、おれは無視を決め込んでいました。

 


www.youtube.com